東京都福祉保険局

令和4年度 東京都依存症対策普及啓発フォーラム 若者のこころと依存症

依存症は、薬物・アルコール・ギャンブル等といった様々な種類の対象があり、とても身近な病気の一つです。若者からの相談も多く、こころのサポートを考える上で、依存症への理解も、大切な視点となっています。
今回のテーマは、「若者のこころと依存症」です。近年、特に若者の間で増加傾向にある市販薬依存などについて、若者が抱える生きづらさとその背景を踏まえ、専門医療や支援の最前線の方々にお話しいただきます。
また、スペシャルゲストとして、落語家の桂雀々師匠をお招きします。十八番の中から人気の滑稽噺「動物園」を皆様にお楽しみいただくとともに、依存症者の家族としての御自身の体験についてお話しいただきます。
依存症に関心のある方、落語に関心のある方、時に納得、時に笑い、時に涙のひと時を、一緒に過ごしてみませんか?
皆様の御参加を、心よりお待ち申し上げます。

日時
令和4年11月18日(金) 13:00~16:30(開場 12:30)
会場
オンライン及び一橋大学一橋講堂(東京都千代田区一ツ橋二丁目1−2)
開催方法
Zoomウェビナーと現地会場を併用したハイブリッド開催
定員

400名
依存症に関心のある都内在住・在勤・在学の方なら、どなたでもお申し込みいただけます。
※感染状況により、完全オンライン開催に変更になる場合があります。

申込方法
下記「お申込み」ボタンから申し込みフォームによる
申込締切
令和4年11月11日(金)
参加料
無料

お申し込み前に必ず「参加規約」をお読みの上、お申し込みをお願い致します。

Zoomウェビナーに初めて参加される方向けに参加マニュアルをご用意しております。
こちら

プログラム(敬称略)

12:30

開場

13:00

第一部 講演

  • ・『東京都における依存症対策の動向について』
    東京都福祉保健局 障害者医療担当部長 石黒 雅浩
  • ・『思春期・青年期の依存症の理解』
    埼玉県立精神医療センター 副病院長 成瀬 暢也

第二部 落語&トークショー

落語家 桂雀々 師匠
  • ・落語『動物園 』
  • ・トークショー『必死のパッチで逆境から夢を掴む』
    落語家 桂雀々 師匠
16:30

第三部 トークセッション~今若者に起きていることと、依存症~

  • ・座長 東京都立中部総合精神保健福祉センター 副所長(高知大学客員教授) 菅原 誠
  • ・特定非営利活動法人BONDプロジェクト 代表 橘 ジュン
  • ・特定非営利活動法人ジャパンマック サポートセンターオ’ハナ 統括施設長 枇杷 優子
  • ・埼玉県立精神医療センター 副病院長 成瀬 暢也

※講演者のタイトル及び内容、講演者は運営上の都合により変更になる場合があります。

お問合せ

  • ・申込について・ログイン等について
    フォーラム運営事務局  株式会社ウルフスタイル TEL:03-6264-0577
  • ・企画について 
    東京都立中部総合精神保健福祉センター 広報援助課 計画調査担当 TEL:03-3302-7702